FISHING REPORT / 釣行レポート

釣り日記

2018.06.03

『これぞ春アジ!』の巻

日時 : 2018年4月22日
場所 : 兵庫県日本海方面
(船)  : 無し
天気 : 晴れ
同行者: 無し

この春は絶対にデカアジを釣る!と前々から単独調査を繰り返していた日本海エリア。
ついにこの日が来ました!!笑

春は産卵絡みでデカアジが回遊するのですが、
同タイミングで稚鮎が河川へ遡上を始めるので
その稚鮎をデカアジが追いかけ回してる っていうのが
よく言う春のデカアジパターンです。

先日下見に行った際に稚鮎らしきベイトを多く見かけたポイントがあったのでこの日は迷わずそこへ行ってきました。

夕まずめの時合いに入るまではワームで喰わすのが難しいと思い、
3グラムの小ジグをやや激し目にシャクりリアクションバイトを狙います。
するとボイルが起こり始めたタイミングでHIT!!
上がってきたのは29㎝のまぁナイスな一本!!

しかしその後は反応無く、しばらくするとエサのおっちゃん達の竿が
しなりにしなって時合い到来!!!

時合いはほんの15分ぐらいなのでいかに
ルアーをコンタクトさせるかが大事になってくる釣り 
と言うのが僕の持論です。
そのためジグヘッドは2グラムで、とにかくテンポを上げて
キャストを繰り返します。

しかし中々思うように反応が無く、
これは・・・と思い、ジグで釣ったのと同じように
見切る間を与えないように、ジグヘッドを
やや激しく動かしダートさせ続けるとドンッ!とナイスバイト!

フッキングした瞬間に分かるあの感じ。笑
確実にデカイという確信があったので慎重に取り込み、
やっと出会えました!!

この春一発目のデカアジです!!

またまたグリップステッカーが写真にインパクトをプラスしてくれてます♪
まさに気合いの一本。笑 40㎝こそいきませんでしたが37㎝!!

ジグヘッドは今秋リリース予定のニュージグヘッドです! このジグヘッド、通常アクションもしっかりこなしながら 強めにアクションさせるとダートもする という出来過ぎ君です! 今回のように通常アクションからダートアクションに 切り替えたい てなシチュエーションでジグヘッドを そのままで出来るのは確実にアドバンテージだと思います。 ワームは言うまでも無く、ブーティーシェイク! 安定の釣れ具合です! さぁ次の目標は40㎝超えですね 笑

釣行スタッフ

【村上】