FISHING REPORT / 釣行レポート

釣り日記

2018.11.12

『和歌山県串本でデカカンパチを狙う』の巻

レポート

 2日前に九州玄海灘で落とし込み青物ゲームを楽しんできたばかりですが、熱は冷めないうちにと今度は和歌山県串本で一発大物を狙いに行ってきました。

 今回お世話になったのは串本港から出船している『サンマジックⅡ』さん。面白くて適度なテキトーさがウケてる船長がやっている有名な船宿さんです。

 仕様仕掛は泳がせとアンダーベイトの2種を用意しました。

大型カンパチが本命なのでハリスは太めの14号~16号を用意し、シオクラス主体になった時のことを考えハリス8号も準備しました。

泳がせ仕掛は根の荒い場所用の1本針がちんこ泳がせとアシストフック効果で掛かり抜群のC-13Dがちんこ泳がせ3段針を用意。

落とし込み仕掛はベイトがアジかイワシかもわからないので濁り潮にも効果のある白針と金針をミックスしたD-26Mハイパー喰わせMIXを持参しました。

 出船し実績のあるポイントに到着しスタート。

しかしベイトがついておらず仕掛けを落としてはポイント移動を繰り返すもベイトがまず釣れなければ始まらない釣りだけにベイトを探し求める序盤でした。

 しばらくしてようやく魚探に反応あり、すばやく仕掛を投入すると・・・

スマガツオ!!!本命とは違えど嬉しい1匹目。

その群れもすぐ散ってしまいベイト探しが再スタート。定番ポイントぐるぐる見て回るもいないという困った状況です。

そんなこともあるかもと活きアジを念のため購入してきてました(笑)

落とし込み仕掛から泳がせ仕掛にチェンジしてカンパチ定番ポイントを流します。

 

アタリもない時間が続き集中力も切れ始めた頃、アジがやたらと暴れはじめ竿先を揺らすと突然でした。竿先がズドンと海面に突き刺さり竿が根元から大きく曲がる。竿受けから持ち上げようとしただけでわかる重量感!竿はのされまくり、やや締め気味のドラグ設定でも道糸のPEラインは出まくり。

20秒ほどしたとこでプツン・・・切れました。。。出来たことといったら竿持って耐えるだけでした(笑)

カンパチだったのかブリだったのかもわかりませんがバラしちゃいました~。仕掛を回収してみるとハリス14号が切れてしまってました。

 

 しばらくして同行者にも続々ヒット!

青物ではなかったのですが食べて美味しい高級魚のマハタと青ハタ。

その後もカンパチらしき大きく食い込むアタリが同行者に2度ありましたが残念ながら捕獲できず・・・・

 

 本命は釣れませんでしたが楽しい休日となりました。また巨大カンパチに挑んでみたいと思います。

 

釣行日
11月
釣行場所・(船)
和歌山県串本港
天候
晴れ

釣行スタッフ

【宮川】