釣り具|仕掛け|釣り針の(株)ハリミツ

ホーム>最新釣り日記

さまざまな釣り場の情報を、社長・営業マンが「日記」として掲載いたします。多くの方々の「努力と奮闘」を生々しく、お届けしております。 皆様からの情報は「釣り自慢」で公開中。

日常のしょうもないこと、ものっすご大切なこと、釣りのこと、仕事のこと、なんでもなんとなくハリミツスタッフが書き綴ります。

Vol.25

2018年5月14日

『釣れるルアーのチカラ』の巻

岸名祐樹

(株)ハリミツ 岸名祐樹

日時 : 3月23日(3月分)
場所 : 韓国
(船)  : 
天気 : 晴
同行者: デプスメンバー、その他アングラー

ハリミツ釣り日記 釣行写真

某展示会、その会場にあったプールにトラウトが泳いでいました。
そこに集まっているのは釣具メーカーの面々、「釣りたい!」となるのは必然で、各々が置いてあるタックルにルアーを結びキャストするわけです。

とはいえ、肝心のトラウトルアーがない。他社の展示品のルアーをお借りするのもアレだなと、サンプルで持ってきていたグレイシーを投げてみました。

ハリミツ釣り日記 釣行写真

グレイシーSFを着水後、デッドスローでリトリーブ。グレイシーはそれなりのスピードで巻くとタイトかつブリブリ動きますが、かなりゆっくり引いてもヨレヨレのアクションながらしっかり動きます。そのアクションがハマったのか瞬殺でヒット。
この表情を見て頂いてもわかると思いますが、あまりにもすんなり釣れたので 「いや、釣れてまいましたわ!」な感じです。 最初は自分も周りのメーカーさん達もただの偶然か、魚の活性が高いからなんでも喰うんやろーなんて思っていましたが、3日間行われた展示会中ずっとプレッシャーを受け続けてスレッスレになったトラウト達を最後まで惹きつけて釣りまくってしまったのです。

ハリミツ釣り日記 釣行写真

釣れるルアーがあれば投げてみたくなるのが釣り人の性といいましょうか、
有り難いことにバスプロの皆さんがグレイシーをキャスト、そしてヒットするたびに「コレ釣れる!」という認識が会場に広がり、ついには展示会を見に来ていたお客さんもトラウト用に買って行かれました。

グレイシーは凄い。と、同時に「釣れるルアーの人を動かすチカラ」は本当に凄い!!と、ものすごく勉強になった一幕でした。

新製品情報製品紹介・通販釣り日記釣り自慢釣り動画イベント情報プレゼント会社情報リンク