釣り具|仕掛け|釣り針の(株)ハリミツ

ホーム>最新釣り日記

さまざまな釣り場の情報を、社長・営業マンが「日記」として掲載いたします。多くの方々の「努力と奮闘」を生々しく、お届けしております。 皆様からの情報は「釣り自慢」で公開中。

日常のしょうもないこと、ものっすご大切なこと、釣りのこと、仕事のこと、なんでもなんとなくハリミツスタッフが書き綴ります。

Vol.53

2017年8月23日

『明石大橋下でケンサキゲーム』の巻

宮川浩史

(株)ハリミツ 宮川浩史

日時 : 8月14日
場所 : アジュール舞子
(船)  : 
天気 : 晴れ
同行者: 第一精工 楠氏

 明石海峡に今年もケンサキイカがまわってきた〜ということで盆休みに暇してる第一精工 楠氏とハリミツ宮川で行ってきました。
 毎年恒例なのですが明石海峡のケンサキイカ攻略のポイントは『潮流を見方につける』です。
ご存じのアングラーも多いと思いますが明石の潮流はとにかく動くのです。
動き始めたら川のように流れるので普通のエギでは沈ませることは容易ではなくなります。
ですので潮の速さに合わせたセッティングをマメにおこなってケンサキイカのレンジをしっかり狙うことが大事なんです。
エギが軽ければレンジをしっかり狙えないし、エギが重ければフォールが早すぎて乗りが悪いので適度なエギでケンサキイカのいるレンジでアクションさせ、ドリフトさせてアタリを取っていくというゲーム性が高くてハマるゲームなんです。

ハリミツ釣り日記 釣行写真

 到着したときは潮が飛んでいたので2.5号の墨族とドロッパーに2.5号のスミゾクスッテの組み合わせでファーストキャスト。

潮がたるんできたら1.8号〜2号の墨族とドロッパーは3号のスミゾクスッテにしてフォールスピードを気にしながらセッティングします。
カラーは何色でも釣れる、っていえば釣れるのですが日毎のアタリカラーはありますので釣行時のストックは多いほど有利です。外せないのは夜光タイプだけは必ず持っていきたいですね。
 結局、夕方ポイントに入ってから釣れたのは日没後で潮が動いている時間帯でした。サイズはちょっと小さめでエギは2.5号のツクヨミパープルでした。

ハリミツ釣り日記 釣行写真

 この日はイカライトゲームリーダーに装着したドロッパーのスッテには全く乗らなくてエギに全て乗ってきました。全く逆のスッテばかりに乗ってくる日もあるので準備だけは両方しっかり持って行きたいですね。
 誘いかたはチョンチョンと跳ね上げさせてからのフォール&ドリフトです。釣れた時は同じレンジを意識して狙うと釣果が伸びますよ。
夏の間は続くと思いますので夕涼みに皆様も行ってみてくださいね〜。

新製品情報製品紹介・通販釣り日記釣り自慢釣り動画イベント情報プレゼント会社情報リンク