釣り具|仕掛け|釣り針の(株)ハリミツ

ホーム>最新釣り日記

さまざまな釣り場の情報を、社長・営業マンが「日記」として掲載いたします。多くの方々の「努力と奮闘」を生々しく、お届けしております。 皆様からの情報は「釣り自慢」で公開中。

日常のしょうもないこと、ものっすご大切なこと、釣りのこと、仕事のこと、なんでもなんとなくハリミツスタッフが書き綴ります。

Vol.22

2017年3月11日

『 バチ抜けシーバス&チヌ』の巻

宮川浩史

(株)ハリミツ 宮川浩史

日時 : 3月1日
場所 : 愛知県名古屋港
(船)  : 
天気 : 小雨
同行者: 鈴木氏、井出氏、横井氏

バチ抜けシーバスが熱い!という情報がハリミツ海上釣堀フィールドスタッフの鈴木氏から連絡。小雨の降る中キャストしてきました。
潮は満潮8:00からの下げ狙いで水道と水道がぶつかるポイントのヨレ狙い。
ルアーはライトゲーム用ではありますがバチ抜けといえばミミック『バチブラック』。サイドのバチをイミテートしたイエローラインがブラックボディに入った人気カラーの一つです。

ハリミツ釣り日記 釣行写真

アクションはデッドスローリトリーブの気持ちストップ&ゴーを入れながら泳がせます。で、さっそくミミック2投目に宮川にヒット!
シーバスではないとはすぐにわかったのですが、まさかまさかの名古屋港湾でソイが釣れたのにはビックリ。

ハリミツ釣り日記 釣行写真

潮が良くなってきたのか魚の活性が高まり、まもなく横でシンキングペンシルをキャストしていた横井氏に良型チヌがヒット。
続けざまに鈴木氏にはシーバス。やたらとリトリーブ中にコンコンとバイトしてくる正体はこのサイズのシーバスでした。

ハリミツ釣り日記 釣行写真

この日はやたらとシーバスもそうですがチヌの活性が高く、キャストすれば何かがバイトしてきてかなり楽しめた夜でした。
この東海エリアのバチ抜けシーズンはもう少し続きそうなのでシンペンとミミック『バチブラック』を持って是非やってみてください!

新製品情報製品紹介・通販釣り日記釣り自慢釣り動画イベント情報プレゼント会社情報リンク