釣り具|仕掛け|釣り針の(株)ハリミツ

ホーム>最新釣り日記

さまざまな釣り場の情報を、社長・営業マンが「日記」として掲載いたします。多くの方々の「努力と奮闘」を生々しく、お届けしております。 皆様からの情報は「釣り自慢」で公開中。

日常のしょうもないこと、ものっすご大切なこと、釣りのこと、仕事のこと、なんでもなんとなくハリミツスタッフが書き綴ります。

Vol.23

2015年12月22日

『東北ロック』の巻

岸名祐樹

(株)ハリミツ 岸名祐樹

ハリミツ釣り日記 釣行写真

東北出張中、東北エリアでのロックを肌で感じるために
宮城在住のバレーヒルテスターの方にガイドして頂き現場に行ってきました。

まず最初にまだまだ復興の最中である石巻へ。
宿泊している仙台市内は空港周りを覗けば、地震なんかあったの?くらいの普通の街に戻っているように思いますが
高速で街を離れるほどその爪痕はひどくなり、海に着いた時には言葉が出ませんでした。

ガイドしてくだっさった方に色々なお話を聞きながら街一つすべてがなくなった所を横切り、目的の漁港に向かいます。
何よりも考えさせられたのは、ネガティブな話以上にこんな被害のあった海から離れず今も釣りを楽しみたいという方がたくさんいらっしゃることです。それってとてつもなくすごいことやなと。

長々となってしまいそうなのでそれはさておき、
今回は現地のメインフィールドとなっている漁港、サーフ、地磯の中から漁港とサーフを選択し何カ所か回ってきました。

ハリミツ釣り日記 釣行写真

西日本ではロックフィッシュのハイシーズンが夏〜秋で、バサロの売上もそこに集中しています。
一方、東北エリアは逆転し秋〜冬がハイシーズンになるということで、バサロを東北でも普及させて年間ずっと売上のあるようにしてやろうというのが今回の目的でした。実際、東北エリアでも売れているのでそれを加速させてやろうと。

が、それは少しズレていました。。

こちらでのメインフィッシュはアイナメとソイ。店舗様とアングラーにリサーチしていると一つの違和感に気づきます。
スイミングが認知されてきたロック市場なのにこちらはまだ「テキサス市場」ワームもベイトを意識したシャッド系は少なく、ホッグ系やグラブが目立ちます。「あぁ、まだ遅れてるんやなぁ」と思っていましたが、現実は違いました。

東北エリアがテキサス市場にあるのには現地アングラーの長い経験と魚の食性から導き出された結果でした。
そもそもアイナメやソイは西日本がメインとしているアコウなどの「ハタ系」ではないので、スイミングに反応が悪い。
スイミングで距離を稼ぐよりボトムを細かく刻んだ方が確実にヒット率が高かったのです。

そんなシンプルな理由にすら机の上でネット検索しているだけでは到底届きません。
やっぱり現場に行ってよかったです。

もちろんバサロでも釣れますが、ベリーベストとは言えない感じです。(写真はバレーヒルテスターの千葉さん:バサロ21g)
なので今回リサーチした内容、現場で感じた内容を元にバサロとは違う切り口のアイテムを企画したいと思います。

久しぶりになんかこう心がワクワクする感じがして、刺激になった出張&釣行でした。
東北市場、2016年はカチ込みに行きたいとおもいます。

新製品情報製品紹介・通販釣り日記釣り自慢釣り動画イベント情報プレゼント会社情報リンク